体を動かすのも発散の一つ、運動もしてみよう

理解がある

誤解も多かったうつ病

まだ人々の知識や関心があまり無かった頃は、うつ病と言うとなんとなく精神的な病気であるといったイメージしかない方もいたのではないでしょうか。そして、精神科は何となく不安を感じるようなイメージをお持ちの方もいたでしょう。現代では、うつ病は身近な病気として捉えられており、心の風邪と表現されることもあるほど、うつ病についての知識は広く知られるようになりつつあります。そして、うつ病に至る原因も引越しや結婚、昇進といった環境の変化など誰にでも起こりうることであるということも知られるようになりました。これまでは良くないことが起きた時にかかるものというイメージを持っていた方も、結婚や昇進といった一般的にはおめでたいとされる状況も原因になるということは意外と思われる方もいたのではないでしょうか。

原因によって適切な対処を

うつ病の原因は、環境が大きく変わった時に起こりやすいと言われています。死別や解雇といったことだけではなく、進学や就職、結婚や昇進といった時にも注意が必要です。また、出産や育児など肉体的な疲労やホルモンバランスが原因となる場合もあります。環境の変化で心が疲れてしまいうつ病になっている場合もあれば、過労や睡眠不足が続いて体力が減ることで心も疲れてしまうといった場合もあります。うつ病と言っても原因がそれぞれに違います。また原因となっている出来事を避けることができるケースもあれば、避けられないケースもあるでしょう。しかし、大切なことは中途半端にだらだらと放置してはならないということです。医者にかかり適切な治療を受けることから始めましょう。

Menu