体を動かすのも発散の一つ、運動もしてみよう

協力してもらう

まじめな人ほどうつ病に

最近、うつ病という言葉やうつ病と診断されている人が増えてきたと思う。うつ病とは。一体原因とはなんなのか。 うつ病の原因はまだ、はっきりしていないが、ストレスからくることは間違いない。 またストレスを感じやすい人はまじめな人が多くみられる。 まじめな人は、周りの期待に応えよう、いい子でいよう、こうしなきゃ、こうでないといけないなど、周りの目を気にして、正義感や義務感から頑張ってしまう。そして、無理をしてしまうことでストレスを溜め込んでしまうのである。 そうなってしまうと、ストレスにより脳内のホルモンバランスが崩れてうつ病になってしまう。 うつ病の原因はひとそれぞれだと思われるが、元を辿れば自己表現の仕方や自分をアピールできないところが原因をつくってしまう場合が多い。 うつ病になってしまうと、正義感や義務感にかられるが身体が動かず仕事や学校を欠席してしまい罪悪感にかられ悪循環になってしまう。

前向きに元気に日常を過ごすには

うつ病にならない為に注意するべき点とは何かというと、無理をしないことである。休んだことに対して罪悪感を持たず自分の為だと思って手抜きをすることがとても重要なのだ。 社会人や学生は会社や学校は休めない。ならば、他を調整するしかない。 周りの目を気にしたり、周りの期待に応えようとしたりして良い返事を返すのではなく、自分の体調と精神を確認しながらお断りすること、ゆっくりすることを判断しなければならない。 もし断りづらい場合には、親しい友人や上司に相談してその人から言ってもらうのもひとつの手だと思う。 少なくとも受け身では、うつ病になるために生活しているといっても過言ではない。 自分からも、変わりたいという気持ちを強くもって行動すれば、うつ病とは疎遠になるだろう。

Menu